2009年07月08日

2週間ほど前に気づいた。ビタミンCをからだが欲する量がとても多くなっている。1日に6〜8g摂ってちょうどよい。かつて数年前、3gが上限だった頃を覚えているので、とても奇妙な気分である。大気汚染が連続する現状がその原因となっているのかも知れない。

rshibasaki at 17:56コメント(0)トラックバック(0)セルフケア(番外) 

2009年07月06日

遅れていた「肝付兼行」の項を書き上げて、大阪中央郵便局から速達で投函した。

rshibasaki at 22:15コメント(0)トラックバック(0)『日記』 

2009年06月29日

『近現代日本人物史料情報辞典 4』のため、「寺島成信」「井上敏夫」の原稿を書き上げた。明日、「肝付兼行」を書いてから提出する。

rshibasaki at 22:32コメント(0)トラックバック(0)『日記』 

2009年06月23日

昨日、国会図書館に行くため、東京へ日帰りした。東京駅から永田町まで歩いたが、遠方のビルが黄砂か煙霧に霞み、大気が皮膚にまとわりつくように感じた。大阪でふだん経験するのと同じレベルの中国大陸から流れてくる大気汚染。これでは、東京でも呼吸器や皮膚の弱い人には症状がでるだろう。咽喉から気管支が痛くなった。

rshibasaki at 19:08コメント(0)トラックバック(0)『日記』セルフケア(番外) 

2009年06月15日

大学受験時代に数度熟読した現代文の参考書が復刻された。ちくま学芸文庫の一冊、高田瑞穂著『新釈現代文』である。

1972年度、大塚駅近くの武蔵高等予備校に通った。同校で、万葉学者、中西進さん(当時は成城大学)の「現代国語」の講義を聴講した。中西さんは、当時、高田さんの成城大学での同僚であることを今回、知った。指導内容が高田『新釈現代文』と似ていて当然である。








rshibasaki at 18:20コメント(0)トラックバック(0)『日記』言語表現技術・教育 

2009年06月13日

Wikipedia「神戸事件」を、加筆・訂正した。「居留地(現・旧居留地)予定地を検分中の欧米諸国公使らに水平射撃を加えた」という事件の後半部分を付け加えた。当ブログで従来書いてきた論旨に沿っている。


rshibasaki at 20:18コメント(0)トラックバック(0)<神戸事件> 

2009年05月19日

今回のメキシコ風邪の大阪市での流行のピークはもう終わっているのではないか。4月下旬の連休に入る前に、季節はずれの発熱をする者が、身近にいた。わたくし自身は4月30日(木)の夕刻、37度台前半の発熱があり、「涼解楽 (銀翹散)」「板藍茶 (板藍根)」「白花蛇舌草」を通常量の2倍、一度に摂取すると、20分ほどで平熱に戻った。

今年の春は、西の大陸から流れてくる黄砂や煙霧がきつくて、そちらの症状がひどく出ている。なにが原因でどの症状になっているのか、判りにくい。しかし、インフルエンザは、一週間の休講期間で終わってしまうと思えてならない。


rshibasaki at 20:48コメント(0)トラックバック(0)『日記』セルフケア(番外) 

2009年05月18日

メキシコ風邪とでもいうべき新型インフルエンザのため、大阪工業大学は今週いっぱい休講となった。(正確には月曜日3時限から24日(日)まで)。

今週金曜日、22日に予定していた「人文社会入門機廚両テスト−2は、一週間後の29日(金)に、行うことになる。

また、人文社会研究室関連でレポートなどの提出締め切りがあるものは、すべて、一週間締め切りを延期する。(今週は学生の構内立ち入りが禁止されているため、これ以外の対応方法があり得ないため)。

rshibasaki at 13:19コメント(0)トラックバック(0)『日記』 

2009年04月08日

2009年4月8日(水)、4時限。

クラス分け、9名がわたくしの担当するクラスで、このテーマを受講することになった。他の2名の担当者にも、それぞれ8名、10名の受講生がいる。ちょうどよい人数配分である。

rshibasaki at 19:49コメント(0)トラックバック(0)「英国外交官の見た幕末維新」日本の伝統と文化 2005-2017 

2009年03月21日

表紙裏に紫色の印章で「寄贈/大正十三年四月七日/中牟田武信氏」と捺印がある。中牟田武信は、『平成新修旧華族家系大成』によると、大正3年生まれではあるが、大正7年に中牟田子爵家を相続している。中牟田倉之助海軍中将の孫である。もともと、明治23年から24年頃、当時は呉鎮守府長官であった中牟田倉之助の手元に届いたものが伝わり、関東大震災の後、東京帝大へ寄贈されたものと推測される。

3月18日(水)に確認。

rshibasaki at 19:07コメント(0)トラックバック(0)<海事・海軍史> 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ