2005年05月18日

『海の赤十字』

帝国水難救済会が昭和3年、1928年に編集・発行した『海の赤十字』という本がある。webcatで検索すると、大阪市立大学、神戸大学、神戸市立図書館が所蔵している。

神戸市立中央図書館が所蔵している本には「帝国水難救済会寄贈 昭和13年10月13日」と記され、「昭和13年10月31日登録」となっている。

その「はしがき」の冒頭にはつぎのように本の成立が説明されている。

「他国の水難救済機関の状況を詳にする事に就ては、従来相当に力を用いて居たのであるが、何分にも直接人を派遣すると云ふ事が出来なかつたので、僅かに書籍、年報若くは文書に依て、其外貌を窺ひ得るに過ぎなかつた。然し其等の断片的な資料も、年月を経るに従つて相当な量となり、一括して国別に書き下して見れば、幾分組織的なものが出来相に考へられたので、英、米、独、仏、伊五ヶ国の分を比較的同一項目に分けて版に起したのが、此書である。」

「海の赤十字」というタイトルについてはなんの説明もないが、国際的なつながりをもつボランティア組織として、日本赤十字社との対比を意識したことを窺わせる。水難救済会が活動のかたちをつくっていった明治年間、先行する赤十字社を参考としていたものと思われる。



2005年5月17日、神戸市立図書館にて調査

rshibasaki at 20:51コメント(0)トラックバック(0)<水難救済会>  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ