2005年06月13日

日露戦後の満韓修学旅行

遼東半島の戦跡見学を内容とした修学旅行に関する新聞記事を見かけた。山口県の地方紙に掲載のもの。

「○満韓修学旅行に就て   文部省にては本年も昨年の如く陸軍省へ交渉の結果、満韓修学旅行学生の為め諸般の便宜を与ふることとなり、来る十五日迄に県下に於ける修学旅行生の希望者取調方を本県庁へ照会し来りたり。因みに汽船は無賃乗船、満鉄は八割引、韓国鉄道は四割引にて乗車せしむることゝなりたるも、各宿泊料は一日に付一円乃至一円五十銭を要する由。而して船名乗船班其他は左の如し。
船 名 乗船班  人員  乗船地 乗船予定日数 揚陸地
吉林丸 第一班 八○○ 宇品  七月十五日   大連
樺太丸 第二班 五○○ 同    七月廿一日   同
吉林丸 第三班 八○○ 同    同 卅一日    同
樺太丸 第四班 五○○ 同    八月七日     同
吉林丸 第五班 八○○ 同    同十六日     同   」

(防長新聞、明治40年6月12日2面5段)




2005年5月29日、山口県立図書館にて調査

rshibasaki at 21:31コメント(1)トラックバック(0)【鶏肋】(捨てておくには惜しい史料・発想)  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 新谷恭明   2006年04月17日 14:17
 おお、懐かしいね。元気ですか?
 いい情報ありがとう。助かります。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ