2005年06月20日

趣意

ちょっとしたメモでも、インターネット上において他者の目に触れるようにしたほうが、相互の生産性に寄与するのではないか。そんな思いがこのブログを始めるきっかけとなった。同じ史料を見ても、人が違えば、そこから引き出すことのできる情報は違う。公開の場に置くと、一つの種からいろいろな芽が伸びていく様を目にすることができるかも知れない。

この場にアクセスしてくる人は、サーチエンジンで気になる語彙を検索していたら、たまたまわたくしの発言に出会ったというかたちが一番多いだろうと想定している。


rshibasaki at 14:36コメント(0)トラックバック(0)このブログの使い方  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ