2005年08月24日

6週間振りに山口へ

山口県立山口図書館にて、『防長新聞』明治36年6月〜10月上旬を読む。

7月上旬、武徳会山口県支部の発会式。

10月上旬、系統農会の県支部が未設置だった沖縄県・山口県のうち、山口県の支部が発足。知事渡辺融は、知事や郡長が長となるのは避けるべきとの意志を示し、実際、県農会長にはなっていない。県知事が県支部長になる官製団体とそれ以外の組織形態との境界がどこにあり、なぜそうなのかという疑問から気になった事柄。

*

戦艦富士が二度目の関門海峡試航を実施。今回は弾薬、石炭を満載にした状態での通過。開戦後の運用を意識したもの。艦長井上敏夫は間もなく艦長職を離れる。

井上は、明治39年、予備役に編入。帝国海事協会の義勇艦隊募金の遊説に参加。第10回・第11回総選挙に三重県より選出。第2次桂内閣時に、船舶検査法の中改正案を議員提案し、立憲政友会を基盤に成立させている。

第一次西園寺公望内閣時に原敬内務大臣の手によって行われた関門海峡の港湾・航路整備が、政友会と海軍の接近の伏線になっているのではないかと気づく。日露戦争後の主力戦艦が関門海峡を通過できるように航路を整えることは、なによりも海軍にとって重要なこと。


rshibasaki at 19:06コメント(0)トラックバック(0)『日記』 | <主力戦艦と関門海峡> 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ