2006年06月11日

人文社会入門という科目

着任した1988年度には、「人文社会総合」(通年4単位)であった。1994年度より「人文社会入門」と改称。1999年度からは、前期「人文社会入門機(2単位)・後期「人文社会入門供(2単位)と、学期毎に成績評価することになった。

大阪工業大学工学部では、人文社会系の個別科目「哲学」「倫理学」「美術史」「文学」「言語の世界」「法学」「経済学」「歴史学」「心理学」は、2年次以上での履修となっている。1年次に配当されるのは「入門」だけである。

前期14週・後期14週をそれぞれ2区分し、各学科ごとに1教室に集めた1年次生に対して、7週完結の講義を行っている。学生は、1年次に4人の人文社会系専任教員から講義を受けることになる。成績評価は定期試験を行わず、平常点を以てしている。


この科目でどのような講義をしているかを記すために本カテゴリーを置いた。


rshibasaki at 13:00コメント(0)トラックバック(0)「情報化から見る近代日本」工・人文社会入門 2005-2013終了  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ