2006年08月05日

水難救済会を水難救済協会と、塚原周造を長塚周三と、誤記

政府報告書に初歩的な誤植を見つけたので、メールで事務局に伝えようかと考えたが、アドレスが見つからない。仕方がないので、ここで指摘する。

中央防災会議(事務局 内閣府)・災害教訓の継承に関する専門調査会、平成17年3月「1890 エルトゥールル号事件」報告書である。

第4章の末尾付近、137〜138ページに問題の箇所がある。

まず、137ページ15行目に「逓信省管船局長長塚周三」とあるが、「長塚周三」ではなくて、「塚原周造」が正しい。

つぎに、138ページ12〜14行目に、1889年に「大日本帝国水難救済会」として成立したものが、「同会は1904(明治37)年に帝国水難救済協会と改称し、1949(昭和24)年に日本水難救済協会と改称して今日に至るまで、日本における民間の水難救済活動の中核として活動を続けている」と記している。

しかし、1904年に改称したのは「帝国水難救済会」であり、1949年には「日本水難救済会」となった。ともに「会」であり「協会」ではない。社団法人日本水難救済会のホームページのうち「事業の概要」「沿革」の項を参照されたい。

rshibasaki at 22:04コメント(0)トラックバック(0)<水難救済会>  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ