2006年11月11日

新聞縦覧所の設置、日露海戦実況幻燈会(明治37年、山口県)

「○新聞縦覧所の設置  熊毛郡島田村小倉甚吉氏は夙に公益事業及慈善事業等に尽瘁せるは一々枚挙に遑あらざることなるが、今回島田市大雲寺本堂の一隅を借受け、一般人士に時局の真相を知悉せしめ国家観念を鼓舞せしめんとて、防長、大阪毎日、東京時事の三新聞を午前八時より午後九時迄縦覧に供せらるゝを以て、地方人士一同大に歓迎を表し居れり」

「○日露海戦実況幻燈会  佐波郡防府町の中川小四郎、高木某の両人は、今回例の時局問題たる日露海戦実況写真幻燈を東京より購入し、国家的観念と世の志気を鼓舞せんため、昨廿二日防府町宮市天神座に開会せり。防府所在の各学校生徒は残らず参観に出掛けたる筈」

(防長新聞、明治37年2月23日3面)

rshibasaki at 15:56コメント(0)トラックバック(0)<情報化>  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ