2006年11月14日

竹島とは鬱陵島 (明治35年)

「○帆船の沈没  再昨三十一日午前十時頃石州那賀郡都野津村小松原某所有の帆船大栄丸は朝鮮竹島に於て檜材四千八百才[さい]と瓦七千枚を搭載し馬関へ向ふ途中、彦島村沖合爼瀬[まなせ]へ乗揚げ、船底を破損し漸次潮水侵入せんとするを早くも認めたる田の谷より救難船急漕し来りて救助に尽力中、水上署よりも松井巡査部長、田中巡査、赤間丸にて出張し、福浦よりも救難船来援し、材木の大半と瓦の大半を他船に積替はしたる頃、本船は沈没せしかども人命は安全なりしと云ふ」

(防長新聞、明治35年6月3日3面3段)

rshibasaki at 12:03コメント(0)トラックバック(0)<水難救済会> | 【鶏肋】(捨てておくには惜しい史料・発想) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ