2006年11月14日

観艦式における海員掖済会会員の扱い(明治36年)

「  会員諸君へ広告
来る四月十日神戸港外に於て挙行せらるゝ
観艦式へ本会々員の陪観差許さる拝観
を望まるゝ向は会員章佩用九日正午迄
に神戸市東川崎町五丁目本会事務所へ
御申出の上乗船券を受取らるべし
   東京麹町区八重洲町
      日本海員掖済会
●拝観船は汽船広島丸とす●但乗船員満員に達し
 たる後は陸上観覧場へ案内す●当日船内にて昼
 食弁当を供す●服装男子は洋服若くは羽織袴女
 子は着服御注意の旨           」

(防長新聞、明治36年3月31日4面3段、広告欄)


rshibasaki at 22:05コメント(0)トラックバック(0)<海事・海軍史> | <山口県の諸団体> 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ