2006年12月14日

第11回 まとめと補遺---第1部と第2部を通じて

歴史学供崙蘇拜品と日清戦争再考」 2006年12月14日(木)1,2時限


これから4回は、3部構成の講義の第3部。

1. 第2の松方意見書(1895年3月、伊藤首相宛)の論旨を推測する
2. 1896年4月と1894年4月(1年後の回顧と当時の言動との落差)
3. 1991年に工大紀要に載せた拙稿の論旨(当時の水準として見る)

20061214第11回まとめと補遺

rshibasaki at 21:00コメント(0)トラックバック(0)「海上権力をめぐる海軍と徳富蘇峰」工・歴史学2005-2007  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ