2007年05月16日

『水交社記事』におけるマハン紹介記事の初出

昨日、15日(火)は東京へ日帰りし、国会図書館で、海軍の将校団体である水交社の機関誌、『水交社記事』1号(1890年6月)〜44号(1894年2月)を通覧してきた。

寄書「海上ノ権力ニ関スル要素」「日本ノ海軍ニ関スル欧米学士ノ意見」が金子堅太郎から寄せられているのが、37号(1893年7月)であった。

その二つの論考の前に、『水交社記事』の編者によるつぎのような紹介がある。編者とは、肝付兼行と澤鑑之丞の二人である。
「此両篇ハ金子堅太郎氏ヨリ我か海軍大臣西郷伯ヘ贈呈セラレ同伯ヨリ又我カ社員参考ノ資ニトテ寄セラレタルモノナルガ、一ハ即チ彼ノ米国ノ海軍大佐マハン氏ノ近著ニ係ルゼ、インフリューエンス、オフ、シー、ポワー、アポン、ヒストリー第一篇中ノ要領ヲ綱訳セルモノニシテ、一ハ即チ同氏ノ先キニ欧米巡回中ニ面会セラレシ諸家ノ日本海軍ニ関スル各意見ヲ集メシモノニ係ル。乃チ前者ノ原書ハ我々ノ既ニ有益ノ著トシテ許ス所、後者又其各意見ノ切実ナルト切実ナラサルトニ論ナク特ニ我海軍ノ為メニ吐クル所ノ説ナルヲ以テ両者共ニ我カ社員参考ノ資ニ供シテ蓋シ必ス益アルベキモノナラント信ス」


トラックバック先:
白石崇人さんのブログ「教育史研究と邦楽作曲の生活」のうち、発言「肝付兼行について

rshibasaki at 16:33コメント(0)<海事・海軍史> | 『日記』 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile

rshibasaki

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ