2007年06月17日

海軍拡張ノ件(明治23年10月21日、閣議了承)

海軍拡張ノ議(←アジア歴史資料センター画像閲覧、公文別録・海軍省・明治21年〜大正6年・第1巻・明治21年〜明治30年、A03023081400)。閲覧にはアジア歴史資料センタートップページからプラグインを入手しインストールしてください。
-------------------------------------------------------------------------
  海軍拡張ノ議
右閣議ニ提出ス。
夫レ国ニ兵備アルハ以テ国土ヲ保全シ以テ国民ヲ防護スル所ナリ。若シ兵備ニシテ全カラサルトキハ国土安全ナルヲ得ス。而シテ国民ノ利益亦将ニ護ルヲ得サラントス。故ニ兵弱シテ国富マス、国貧シテ兵強カラス。内治固ヨリ忽ニスヘカラスト雖、兵備亦一日モ怠ルヘカラサルナリ。况ヤ欧洲諸強国ノ日ニ東洋ニ侵入シ印度ニ安南ニ既ニ之ヲ併呑シ、我カ対岸ノ朝鮮モ或ハ終ニ全キコトヲ得サルノ恐アル今日ニ於テヲヤ。
我陸海ノ軍備ハ維新以来欧州各国ノ兵制ニ就キ其ノ長ヲ取リ短ヲ補ヒ着々拡張ノ歩ヲ進メ、陸軍ハ其計画稍緒ニ就キタリト雖、海軍ニ至リテハ未以テ外侮ヲ禦キ我帝国ヲ防護スルニ充分ナラサル者アリ。盖兵ノ強弱ハ将帥ノ謀略士卒ノ精鋭如何ニ由ルト雖、今日専ラ器械ヲ戦ハスノ世ニ在テハ主トシテ兵備ノ標準ハ自国ノ地勢ト他国ノ兵力トヲ考ヘ、以テ之ヲ定メサルヘカラス。抑我国ノ地勢ハ四面海ヲ環ラシ沿海線殆ント八千海里ノ長ニ達ス。防備ノ道亦決シテ容易ナラス。顧テ我帝国海軍ノ形勢ヲ見ルニ、一旦事アルノ日ニ当リ、近クハ清国ニ対シ、遠クハ欧洲各国ノ東洋ニ派遣シ得ヘキ軍艦ニ対シ、果テ能ク之ニ匹敵シ得ヘキ勢力ヲ有スルヤ。今特ニ支那海軍ノ力ヲ以テ我カ海軍ノ力ニ対比スルトキハ、兵艦ノ数ニ於テ彼ノ我ニ優ルコト凡ソ三分ノ一ナリトス。此ノ薄弱ノ力ヲ以テ、而シテ四面環海ノ国ヲ守ル、果テ能ク我カ国土ヲ保全シ国民ノ利益ヲ防護スルヲ得ヘキヤ。
然ルニ海軍大臣請議ノ計画ニ基キ軍艦ヲ増製シ、沿海ノ警備ヲ完フセンニハ、今ヨリ七年ノ間、年々千有余万円ノ巨額ヲ支出セサルヘカラス。今我民力裕ナラス、国費多端ノ時ニ於て如此巨額ノ軍需ヲ支出スルハ容易ノ事ニ非ス。依テ其費用支出ノ財源ニ付キ宜ク先ツ大蔵大臣ヨリ計画ヲ定メ閣議ニ提出セラレ然ルヘシト信ス。
   閣議決定ノ上ハ大蔵省ヘ通牒ノ事
-------------------------------------------------------------------------
(内閣罫紙、墨書)

上記の文章に続いて、海軍罫紙に墨書で「海軍事業計画ノ議」が綴じられている。そのなかに、つぎのような文言がある。『日本国防論』的な議論への反論である。
-------------------------------------------------------------------------
或ハ説ヲ作シテ云ハン、我海軍ハ防御ヲ主トシ小艦ヲ造ルヘシ、敵国ニ航進スルヲ目的トスル大艦ハ造ルニ及ハス。然ルトキハ費用省ケント。是甚タ目的ヲ誤ル者ナリ。我国権ヲ維持スルトハ他ノ侮ヲ禦クヲ云、退テ守ルノ策アレハ進テ攻ルノ実無ル可ラズ。軍艦海上ノ勢力ハ攻守ノ別ナキモノナリ。敵国ニ進攻スルヲ得ヘキ艦ナキトキハ到底彼我匹敵スルモノアラサルナリ。
軍艦ハ平時ト雖モ負担スヘキ任務アリ。即チ商船、外国居留民ノ保護、密猟取締ノ如キ是ナリ。然ルニ今日之を充分ニ行フ能ハサルハ軍艦ノ足ラサルニ依ル。夫レ海軍ヲ張ルノ要ハ唯戦時ノ用ニ供スルノミニアラス、外侮ヲ受ケス、戦争ヲ未萌ニ防クニアリ。宜ク速カニ前記ノ軍艦ヲ増製スヘシ。
-------------------------------------------------------------------------
これは、同年11月に刊行された伴正利編『海軍振興論』と同じ反論の仕方である。なお、国会図書館の目録に伴正利が「著者」となっているが、奥付を見ると「編輯兼発行人」である。著者名は伏してある。
翌年7月の伴正利編『兵商論』がまったく別の立論で『日本国防論』を克服することになる。

rshibasaki at 13:50コメント(0)トラックバック(0)<海事・海軍史> | 「海上権力をめぐる海軍と徳富蘇峰」工・歴史学2005-2007 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ