2007年06月21日

第9回 海難救助の近代化(2) ---『逓信事業史』を読む

2007年6月21日(木)、1・2時限。

今までの講義内容を振り返りつつ、『逓信事業史』第6巻、第10篇「管船」を読む。山口県の県紙『防長新聞』から見た視点と、中央官庁の編纂物から見た視野を対比。日本海員掖済会、帝国水難救済会、帝国海事協会、海員の項目。

rshibasaki at 20:45コメント(0)トラックバック(0)「地域・海事・海軍」工・歴史学2007  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile

rshibasaki

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ