2007年06月25日

第11回 初期の洋行と人材育成---近代国家離陸期における時間・資金・人材 (2)

6月25日(月)、3時限。

------------------------------------------------
1. 伊藤博文     (初期の洋行者の一例として)
2. 正則教育と変則教育(先端技術と中間技術と対比)
3. 植民地となった経験をもつ国と比較
------------------------------------------------


rshibasaki at 18:01コメント(0)トラックバック(0)「上記2科目のエッセンスで構成」情・日本の歴史 2007終了  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ