2007年11月11日

第7回 海軍の課題と主張(その1)---吉村正彦「台湾出兵」を読む

2007年11月8日(木)、1・2時限。

草創期の海軍を理解するための枠組みを考えるため、吉村正彦「台湾出兵---明治海軍建設過程とのかかわりにおいて---」(防衛学研究24、2000年11月)を示した。明治海軍としての初発の経験を確認し、1890年〜1891年当時への影響を推測した。

rshibasaki at 16:04コメント(0)トラックバック(0)「海上権力をめぐる海軍と徳富蘇峰」工・歴史学2005-2007  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ