2008年01月05日

伏見岳人さんの論考

抜き刷りを頂戴した。

伏見岳人「国家財政統合者としての内閣総理大臣---第1次内閣期の桂太郎(明治34〜39年)」、国家学会雑誌120巻11・12号

この枠組みで第2次桂太郎内閣を分析するとどういうことになるのか。


rshibasaki at 21:23コメント(0)トラックバック(0)【研究史・先行研究】  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile

rshibasaki

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ