2008年01月07日

Birth Control と Tobacco Control の比較

産児制限・産児調節が社会運動から政府の政策へのつながって行く過程と、禁煙嫌煙運動が政府のたばこ対策へと発展して行く過程とを、対比的に観察すると、それぞれの独自性と、近代社会における社会運動の共通性が把握できるだろう。

取り敢えず、つぎの論考を、禁煙嫌煙運動の最近史を思い浮かべながら読んでみよう。

石井幸夫「産児調節運動の言説について
武蔵社会学論集『ソシオロジスト』第3巻第1号(通巻第3号)、2001(平成13)年3月22日


rshibasaki at 20:01コメント(0)トラックバック(0)【社会運動としてのたばこ対策】  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ