2008年03月14日

知柏地黄丸=瀉火補腎丸

3月に入り啓蟄を過ぎるころから、それまでの「六味丸+白花蛇舌草」では対処できないほどの気の上亢が生じて、堪らなかった。虚から火を生じて、心火・肺火・脾火の上亢が生じていた。なお、肝については特に問題は生じていない。

今日、近くのイスクラの製品を扱う漢方薬局に行き、製品名「瀉火補腎丸」=処方名「知柏地黄丸」を購入してきた。六味丸の場合よりもこの方が、気の激しい上昇を防ぐ力が強い。



rshibasaki at 19:29コメント(0)トラックバック(0)『日記』 | セルフケア(番外) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ