2008年05月06日

第4回 軍民関係を論ずる井上敏夫

2008年5月1日(木)、2・3時限。

----------------------------------
1. 日本海員掖済会
2. 井上敏夫著『海国民之事業』
3. マハンとの関連
----------------------------------

配布資料。
1表=
(1) 日本海員掖済会ホームページから「掖済会のあゆみ
(2) 小学館『日本百科全書』22巻(1988年刊)より「マハン」の項
(3) 日本海員掖済会理事井上敏夫著『海国民之事業』目次書抜
1裏・2表・2裏=『海国民之事業』34〜43ページ(「海上飛躍と民族的原性」末尾、「予備海員と商船」全文、「海員養成の急務」冒頭)
2裏=『戦略論大系 5 マハン』より「【解題】マハン戦略の現代的意義を問う」242〜243ページ(『海上権力史論』「緒論」「第一章」の要約)


[1表(3)ここから]
日本海員掖済会理事 井上敏夫 著
『海国民之事業』
日本海員掖済会発行

本文の記述内容から、1910年8月の日韓併合以後、1911年10月の辛亥革命以前に発行されたと推定できる。


目次
-------------------------------------------------------------------
緒言
武力的競争と日本海、及び平和的競争と太平洋
航海業と致富
海上権力と海軍
海上飛躍と民族的原性
予備海員と商船
海員養成の急務
日本海員掖済会の由来
日本海員掖済会の事業
結論

付録
事業綱領
事業沿革
事業成績
希望及企画 ←海員寄宿舎の改良拡張、尋常海員養成機関の増置、海員保護法の拡張
-------------------------------------------------------------------
[1表(3)ここまで]

rshibasaki at 17:48コメント(0)トラックバック(0)「明治日本の海権論と広義の海軍」工・歴史学2008  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ