2008年11月18日

第7回 三国干渉

2008年11月6日(木)、2・3時限。

(1) 今年の講義がつぎの4つの部分からなることを説明
機嵋命箆摺→南進論」
供屮薀鵐疋僖錙滋→シーパワー」
掘屮轡戰螢鉄道着工と中米運河の計画」
検屬海譴蕕紡个垢詁蘇拜品の言説の位置関係」

(2) 三国干渉について一通りのことを説明
配布資料
1. 『国史大辞典』から「日清講和条約」「三国干渉」の項
2. 『日本外交年表並主要文書』から「露仏独三国の遼東半島還付勧告」、1894年11月から1895年6月の年表
3. 『肝付大佐演説の要領』(1897年、高岡市にて)から日清戦争時、東亜に派遣された欧米各国の海軍艦隊のトン数を述べた部分

rshibasaki at 20:02コメント(0)トラックバック(0)「日清戦争と徳富蘇峰をめぐる地政学」工・歴史学2008  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ