2009年09月21日

第1回 歴史的対比について(導入)

2009年9月16日(水)、4時限。

1年生科目として知的財産学部で「歴史学」を講義するのは、今年が最後となる。来年度からは3年生・4年制向けの開講枠に出講することになる。

第1回の内容を変えてみた。昨年までは、麻生太郎外務大臣の演説を導入に用いた。今年は、講義を組み立てる基本的な発想や枠組みについて説明することにした。基本事項についての繰り返しの回数を確保し、聴講者の頭に基本的な考え方を定着させるためである。

【基本】
-------------
地理

技術の発達

時代の区切り

過去の出来事を比較してみる
--------------

【応用】
-------------
地理

地理 → 技術の発達 → 地理的条件の変化

地理 → 技術の発達 → 地理的条件の変化 → 国際社会の舞台設定の変化 → 時代の区切りの発生

地理 → 技術の発達 → 地理的条件の変化 → 国際社会の舞台設定の変化 → 時代の区切りの発生 → 時代の区切りを前提として、過去の出来事を比較してみることで、各段階ごとの共通点と相違点が浮き上がって見えてくる
--------------

近代日本の個々の出来事よりも、その出来事が生起した空間的舞台設定に着目し、講義する。奥山真司さんのブログ「地政学を英国で学ぶ」のエントリー「北極海の「北西ルート」で初の商業航行」が、あと3日早く出ていたら、講義で配布し、北極海が通航不可能だった時代に、西ヨーロッパから地理的に最も遠い北半球の土地に国土があったことが、近代日本の前提そのものであった、と、説明しただろう。


rshibasaki at 18:35コメント(0)トラックバック(0)知・歴史学「日本近代の舞台設定」 2004-2013終了  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ