2009年10月04日

姫路市の青山製紙組合碑(品川弥二郎揮毫)

国立国会図書館憲政資料室「品川弥二郎関係文書」に1通のみ書翰が残る米田勝松について人物情報を確認したく、姫路市に往復した。碑文を撮影した後、文献史料がないかと姫路市立図書館にも赴いた。その場では不明なので、リファレンスの係の方にリファレンスの申請をし、なにか判ったら後日教えていただけるように頼んで帰って来た。

青山製紙組合顕彰碑-1
旧山陽道を歩く」のページにこの碑の位置を示す地図が載っている。
ブログ「興浜(おきのはま)で候」の「姫路市 青山地区へ」というエントリーには、「明治17年に青山村の山口重太郎が大阪から紙の製法を伝えた。その後このあたりで和紙の製造が盛んになり、製紙の創始者で組合の人々の世話をして功のあった米田勝松をたたえた石碑」と説明がある。
碑文は、品川弥二郎が揮毫した文字をそのまま石碑に刻んでいるようである。「念仏庵にてやじ」との署名がある。下に解読を試みる。
青山製紙組合顕彰碑の碑文
青山製紙組合顕彰碑の碑文-2
青山製紙組合顕彰碑の碑文-3











◇和歌の部分の読み
いたつきを積める功は
此の紙の雪の表に顕れにけり

◇変体仮名を元の漢字で表記してみると...
以多都幾遠「積」免流「功」盤
「此紙」延「雪」乃「表」仁「顕」禮尔計理

◇添え書きの部分...解読できない箇所が残る
  明治三十三年二月三日米田さんえ
  被受て遣文留 念仏庵にてやじ
  ~~~~~~~
 (↑下線部解読出来ず)


[2009年10月7日追記]
コメント欄で教えていただいた『兵庫県物産調査書』を、国会図書館の近代デジタルライブラリーで見ることがでる。明治33年7月に兵庫県が刊行した冊子で、105106頁(56〜57コマ)に関連記述がある。

[2009年11月25日追記]
10月9日付で姫路市立城内図書館から頂戴した回答には「『兵庫県飾磨郡誌』に8行程度の記載があり、少し詳しく没年享年等も書かれています。文化財見学シリーズの記載は『飾磨郡誌』によったものと考えられます」とあります。『兵庫県飾磨郡誌』(飾磨郡教育会、1927年)には、つぎのように書かれています。
---
米田勝松は余部村青山の人にして今より三十余年前同村に於て製紙業を創め村内之を学びて製造家多く起り遂に青山の紙と言はるゝに至れり。明治三十三年二月三日。子爵品川弥二郎氏より「米田さんに贈る」とて
  いたつきを積める功は此の紙の雪の表に顕れにけり
といふ和歌を詠み其の功績を称へたり。此に於て有志集まり子爵の詠歌を刻みたる壮大なる顕徳碑を建て其徳に報ひたり。大正四年十一月二十七日行年六十九歳。
---


rshibasaki at 18:42コメント(1)トラックバック(0)【鶏肋】(捨てておくには惜しい史料・発想) | 『日記』 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 興ちゃん   2009年10月06日 22:50
コメントをありがとうございます。
地元の事をこつこつと調べている建設会社の現場監督です。
青山地区は少し離れたところなので、姫路市教育委員会文化部文化課が平成10年2月2日に発行した文化財見学シリーズ40「青山地l区をたずねて」より抜粋しました。
この冊子は姫路市役所に行けば無料で頂けるものです。
青山地区には知り合いがいますので近いうちに聞いてお返事しますが期待しないで下さい。
冊子に書いてある文章をそのまま写してみました。

製紙組合の碑
青山の西、旧山陽道から国道2号線に出る少し手前にある。『兵庫県物産調査書』によると、紙の製法は、明治17年(1884)青山村の山口重太郎が大阪から伝え、次第に旧余部村・高岡村・菅野村に広まったとある。この碑は明治中期〜大正にかけて青山の東の内川と西の谷川に沿って和紙の製造が盛んになり、製紙の創始者で組合の人々の世話をして功のあった米田勝松をたたえたもの。石碑には明治33年、子爵品川弥次郎から贈られた「いたつきを積める功は此の紙の雪の表に顕れにけり」という和歌が刻まれている。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ