2010年03月27日

宮城県図書館所蔵・兵事新報社『兵事』

26日(金)は、宮城県図書館に赴き、『兵事』のバックナンバーを通覧した。肝付兼行「西比利亜鉄道に対する日本の開港場を論ず」がここにも転載されていた。非常に酸化が進んでもろくなっている。ゼロックスコピーは遠慮して、メモをとるだけに止めた。

46号(明治24年10月10日)より『兵事新報』を『兵事』と改題したが、そのつぎの47号(明治24年10月24日)から、表紙につぎの文言が記されることになる。この雑誌の立ち位置を示すものと言える。
「●兵事は陸海軍人の磁針器なり」
「●兵事は忠君愛国者の大学校なり」
「●兵事は内外兵勢の写真鏡なり」
「●兵事は無気力者輩の感化院なり」
これは軍事教育という概念で呼ぶべき分野なのだろう。社会教育の一部、軍の広報活動とも言えるし、在郷軍人会の前史ともとらえることができる。

rshibasaki at 00:27コメント(0)トラックバック(0)『日記』 | <世界交通線> 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ