2010年03月29日

台湾出兵に際し、三菱本社と支店との往復書簡綴り

2010年3月17日(水)、記録管理学会第131回例会。

財団法人三菱経済研究所付属三菱史料館の見学会であった。記録管理学会の性格は、アーキビスト・ライブラリアン・ドキュメンテーターなどの職種の方々の集まりであるが、創立当時からの会員ということで、末席に混ぜていただいた。

1874年(明治7年)の台湾出兵のとき、三菱の各支店と本社の往復文書がきれいに残っている。経営史というよりも、軍事史が対象とする課題の史料であり、ここにこれがあることはまだ余り知られていないのだろう。戦時における民間船徴用、海外へのパワープロジェクションの制度史などという領域と思われる。

また、三菱系のどこの企業の戦後史料だろうか、「日本水難救済会....」とタイトルに記されている箱があった。忘れないように記しておく。

rshibasaki at 18:26コメント(0)トラックバック(0)<海事・海軍史> | 『日記』 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ