2011年11月20日

三谷太一郎著『フォール・ストリートと極東--政治における国際金融資本』

書評
前田亮介
「三谷太一郎著『ウォール・ストリートと極東--政治における国際金融資本』」
史学雑誌120-9、2011年9月

三谷太一郎著『ウォール・ストリートと極東--政治における国際金融資本』
東京大学出版会、2009年12月

三谷太一郎著を通読し始めた。勝海舟について捉えている21〜22ページに、思わず身震いする。明治に入ってから、海軍と海事、貿易立国について勝がどのような言説を行なっているのかを確認する必要がある。

あと、添田寿一も『軍備論集』に、雑誌『富国』1号(1890年1月1日)掲載「帝国海軍振起論」が収録されている。添田も、系統的に追跡する必要がありそうだ。







rshibasaki at 20:18コメント(0)トラックバック(0)<海事・海軍史> | <世界交通線> 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ