2016年09月14日

検証レポートの課題と専門的検索サイトの紹介 (2016後期)

課題「授業内容を、以下の専門的検索サイト(1)〜(4)のうち少なくとも一つを用いて得た情報と対比して検証せよ」



(1) 「国立国会図書館デジタルコンテンツ」を「図書」を指定して検索し、国会図書館がネット公開している図書を閲覧する。「図書」を指定するには検索語入力窓の左端「すべて」をクリックし、一番最初の項目「図書」を指定する。


(2) 明治時代まで遡る新聞記事データベース。朝日新聞「聞蔵」は大阪工業大学学内から同時に1ユーザーのみアクセスできる(工大図書館HPの外部データーベースページから入らないと認証されないので注意すること)。朝日新聞に加えて、読売新聞、毎日新聞は、大阪市立図書館の中央館と、各区にある分館で利用できる。


(3) 国の公文書をさがして閲覧できるサイト。「アジア歴史資料センター」。(同サイト内の特別展「描かれた日清戦争」等の内容を除く。)


(4) 帝国議会の議事録を検索・閲覧できるサイト。「帝国議会会議録検索システム」。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【参考: (1)〜(4)の少なくとも一つを使った上で、以下のサイトを補助的に用いることがあるかも知れない】


(5) 日本の論文をさがすデータベース「CiNii Articles」。特に、全文検索モードがお奨め。「オープンアクセス」の記事はどこからでも読める。一方、「定額アクセス可能」の記事は、大阪工業大学内からだと無料で読める。

(6) 国会図書館と公立図書館の本をさがす「国会図書館サーチ」。

(7) 大学図書館の本をさがす「CiNii Books」。(6)には出てこない本が見つかることがある。

(8) 辞書と事典の一括検索には「ジャパンナレッジ」(学内からアクセス)。

(9) 国会図書館、公共図書館、大学図書館、専門図書館等におけるレファレンス事例を集積している「レファレンス協同データベース」。



rshibasaki at 16:28コメント(0)トラックバック(0)後期「歴史学」「歴史学供---台湾占領の起源  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ