「明治日本の海権論と広義の海軍」工・歴史学2008

2008年07月29日

歴史学機 ー萄蝓  々学部・2年次〜    参照許可物等なし

1.設問2の文章に出てくる人物、A、B、C、Dは、それぞれ誰か。選択肢から選んで記入せよ。(1個4点、計16点)                                 
A → __________   B → _________
C → __________   D → _________
<選択肢> 有地品之允、伊東祐亨、東郷平八郎、山本権兵衛、肝付兼行、井上敏夫、佐藤鉄太郎、小笠原長生、寺島成信

2.下線部に適合する語句を<選択肢>から選んで記入し、文章を完成しなさい。(1個4点、計84点)
(1) 「狭義の海軍」とは、現在の我々が海軍という言葉から思い浮かべる第二次世界大戦を戦ったような戦闘組織としての存在を指す。現在の日本における___________の役割は、ここで言う「狭義の海軍」に対応する。一方「広義の海軍」とは、商船、漁船、移民、交易など海を舞台とした、あるいは海を越えた民間の活動をサポートする国家組織としての海軍を意味する。現在の日本では1948年に発足し、海上における非軍事的分野(警察、消防に相当)を担当する国家組織___________の活動領域も、戦前においては、沿岸海域において警察が所管した部分を除くと、ほぼ、海軍の担当であった。また、明治以来、昭和戦前期にいたるまで海軍の一セクションであった_________は、1948年以降、上記の国家組織の一部となり、さらに平成時代に入ってから、海洋情報部と改称した。なお、日清戦争前から日露戦争直後まで、___A___がこのセクションの長を務めた。
<選択肢> 帝国海軍、海上保安庁、消防庁、警察庁、海上自衛隊、水路部、海図部、海洋部

(2) 「狭義の海軍」と「広義の海軍」の境界を身をもって体験したのが___B___であった。彼が艦長として実施した戦艦富士による__________試験航行の成功は、日露戦争における艦隊運用上、致命的な重要性を持った。瀬戸内海にある海軍根拠地である_________鎮守府からこの海峡を経由し、対馬海峡から日本海、黄海、東シナ海方面に出るための最短経路となるからである。なお、この瀬戸内海にある鎮守府の場所を選定したのは、__A___であった。その同じ海峡が日露戦争後に港湾整備、航路整備の対象となった時、___B___は、自らの経験に基づき意見を公表することになる。また、___B___は、日露戦争中には、___________香港丸の艦長として、ロシアバルチック艦隊に対する偵察、牽制のため、日本丸を率いて二艦で南に向った。英領____________においてマスコミ取材を受け、正規の軍艦から構成される「分遣艦隊」の一部として同海域に至ったと偽装行動を試みた。
<選択肢> 津軽海峡、台湾海峡、関門海峡、明石海峡、尾道、呉、舞鶴、横須賀、大湊、佐世保、戦艦、巡洋艦、仮装巡洋艦、客船、駆逐艦、ホンコン、シンガポール、マレーシア

(3) ___C___が、1890年から翌年にかけて、海軍編修書記の職にあった時、その上司は、___A___と___D___であった。___C___は、日清戦後、日本郵船社員となり、大正末に経済学博士号を得る。1891年刊『_____________』において若き日に主張した____________について、1923年刊『帝国海運政策論』において回顧、評価した。
<選択肢> 兵商論、帝国海事総覧、日本国防論、将来之日本、大日本膨脹論、主力艦隊の建造、軍用商船の制

(4) ___D___は、___B___と同様、戦闘組織としての「狭義の海軍」内でのキャリアを重ね、現役を退き、予備役、後備役となった後に「広義の海軍」に係わった生涯であった。但し、例外として、___A___とともに___C___の上司であった時代、___A___が新聞記者のインタビューを受け、___C___が記者や国会議員に配布するパンフレットを著述するのを、上位者として監督していた。当時の___D___の地位は、_______________であった。___C___が執筆し、海軍が広報資料として配布した小冊子に先立つこと数か月前、___D___も「______________」と題する文書を起草し、政府内部に配布した。その意見書では、専ら、_____________が論じられている。また、同意見書では、東アジア海域において消費される当時の軍艦、商船の燃料である_________は、殆どが日本産であると指摘されており、エネルギーを自給できた明治海軍の戦略環境が読み取れる内容となっている。
<選択肢> 海軍大臣、海軍参謀部長、聯合艦隊司令長官、海軍意見書、海防意見書、海事意見書、主力艦隊の建造、軍用商船の制、石油、石炭、木材、ガス

(5) 明治時代において「広義の海軍」を代表する人物は___A___である。米国海軍の理論家、アルフレッド・T・マハンのシーパワー論の「シーパワー」を「 _____________ 」と翻訳し、日本に導入し、それを数々の講演演説とインタビューによって広めた中心人物である。明治海軍における________担当者と言ってもよいであろう。___B___が現役を退いた後、_______________理事として会員を募集し、活動資金としての寄付金を集める講演に用いたのも、マハンのシーパワー論であった。
<選択肢> 海洋勢力、海軍権力、海上権力、海上勢力、海洋権益、作戦、広報、兵站、帝国海事協会、日本海員掖済会、大日本水難救済会

(6) 義勇艦隊という組織が日本で初めて知られたのは、___________の義勇艦隊の存在によってで あった。日本近海を航海するこの国の義勇艦隊の汽船は、平時は商船として運航され、戦時には武装して仮装巡洋艦として用いられた。日本で類似のものの建設が実現したのは、1899年創立の_____________が、1904年以降、帝国義勇艦隊建設を提唱したことによってである。このキャンペーンを実施し、義勇艦隊の所有者となった上記組織の初代総裁は_______将官である皇族有栖川宮威仁親王であり、理事長は__D___であった。なお同親王は、海事関係の他の二団体の総裁も兼務していた。
<選択肢> アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、清国、大日本水難救済会、帝国海事協会、日本海員掖済会、東邦協会、陸軍、海軍

(7) 1908年、___B___は、三重県四日市市から推されて総選挙に出馬し、___________議員となった。港湾整備に関する専門知識を期待されていた。当選後、当初所属した戊辰倶楽部からは翌年に脱退し、所属議院の第一党である立憲___________に加わった。
<選択肢> 衆議院、参議院、貴族院、自由党、改進党、政友会、同志会



【正解】
1.
A → 肝付兼行
B → 井上敏夫
C → 寺島成信
D → 有地品之允

2.
(1) 海上自衛隊、海上保安庁、水路部

(2) 関門海峡、呉、仮装巡洋艦、シンガポール

(3) 兵商論、軍用商船の制

(4) 海軍参謀部長、海防意見書、主力艦隊の建造、石炭

(5) 海上権力、広報、日本海員掖済会

(6) ロシア、帝国海事協会、海軍

(7) 衆議院、政友会

rshibasaki at 16:02コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月13日

2008年7月10日(木)、2・3時限。

----------------------------------
1. 試験予告
2. 復習とまとめ
3. 授業アンケート記入
----------------------------------


rshibasaki at 12:03コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月06日

2008年7月3日(木)、2・3時限。

----------------------------------
1. 募金と建設--帝国義勇艦隊
2. 井上敏夫----日露戦争後
3. 概観--------講義を振り返る
----------------------------------

rshibasaki at 14:52コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月20日

2008年6月12日(木)、1・2時限。

----------------------------------
1. 生涯概観
2. 海軍参謀部長時代
3. 「海防意見書」を兵商論と対比
----------------------------------

有地品之允が作戦の担当だとすると、同じ時期、肝付兼行と寺島成信は広報の担当者だった。


rshibasaki at 19:54コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月12日

2008年6月12日(木)、1・2時限。

----------------------------------
1. なぜこの話をするのか
2. 一般論を踏まえて具体例に向う
3. 講義の組立てを再確認
----------------------------------




rshibasaki at 16:12コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月05日

2008年6月5日(木)、1・2時限。

----------------------------------
1. 呉市・江田島市での軍事史学会大会
2. 記事に見る肝付の活動分野
3. いくつかの講演・談話を読む
----------------------------------

rshibasaki at 17:29コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月29日

2008年5月29日(木)、1・2時限。

----------------------------------
1. 昨年9月まで「Q.S.T.」を肝付と誤解していた
2. 肝付の経歴と海軍の広報担当としての行動
3. 海事思想の涵養を目的とする
----------------------------------


rshibasaki at 20:41コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月23日

2008年5月22日(木)、1・2時限。

----------------------------------
1. 黒田清隆『環游日記』---ロシア義勇艦隊を紹介。文献上の初出
2. 第6章と第7章「結論」---政費節減650万円の使途の提案
3. 徳富蘇峰------------兵商論において論駁すべき相手
----------------------------------


rshibasaki at 22:23コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月16日

2008年5月15日(木)、2・3時限。

----------------------------------
1. 軍用商船の制度
2. 『帝国海運政策論』の回顧
3. 『兵商論』の主張
----------------------------------

黒田清隆著『環游日記』(1887年)に、ロシアの「義勇艦隊トイフ結社」についての記述があり、これを肝付兼行は、大日本水難救済会が設立された1889年までには知っていた。第一帝国議会の後に、これを兵商論の主張として展開したのが、寺島成信である。

rshibasaki at 08:54コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月12日

2008年5月8日(木)、2・3時限。

----------------------------------
1. 海軍編修書記
2. 議会開設対策チーム
3. 『兵商論』の枠組
----------------------------------


rshibasaki at 20:51コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月06日

2008年5月1日(木)、2・3時限。

----------------------------------
1. 日本海員掖済会
2. 井上敏夫著『海国民之事業』
3. マハンとの関連
----------------------------------

配布資料。
1表=
(1) 日本海員掖済会ホームページから「掖済会のあゆみ
(2) 小学館『日本百科全書』22巻(1988年刊)より「マハン」の項
(3) 日本海員掖済会理事井上敏夫著『海国民之事業』目次書抜
1裏・2表・2裏=『海国民之事業』34〜43ページ(「海上飛躍と民族的原性」末尾、「予備海員と商船」全文、「海員養成の急務」冒頭)
2裏=『戦略論大系 5 マハン』より「【解題】マハン戦略の現代的意義を問う」242〜243ページ(『海上権力史論』「緒論」「第一章」の要約)


[1表(3)ここから]
日本海員掖済会理事 井上敏夫 著
『海国民之事業』
日本海員掖済会発行

本文の記述内容から、1910年8月の日韓併合以後、1911年10月の辛亥革命以前に発行されたと推定できる。


目次
-------------------------------------------------------------------
緒言
武力的競争と日本海、及び平和的競争と太平洋
航海業と致富
海上権力と海軍
海上飛躍と民族的原性
予備海員と商船
海員養成の急務
日本海員掖済会の由来
日本海員掖済会の事業
結論

付録
事業綱領
事業沿革
事業成績
希望及企画 ←海員寄宿舎の改良拡張、尋常海員養成機関の増置、海員保護法の拡張
-------------------------------------------------------------------
[1表(3)ここまで]

rshibasaki at 17:48コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月03日

1995年の時点で、今後500年の人類史の展開を予測した著書『次の500年 繁栄に終わりはあるか』。第10章「民間企業による宇宙開発のはじまり」は、「宇宙開発の現状---停滞/停滞の原因/政府から民間へ/民間宇宙船の建造/宇宙ビジネスの萌芽」という内容からなる。フロンティアにおける政府と民間の関係という点から講義テーマと共通性がある。

なお、つぎのような記述もある。
------------------------------------------------------------
蒸気船の発明が、現在のアメリカ合衆国を作った。もちろん、蒸気船が発明される前にも、帆船で大西洋を横断できたのだが、こんな贅沢ができたのは、大金持ちか政府の重要人物だけだった。蒸気船が出現してはじめて、裕福とは言えない何十万人もの移民が、ヨーロッパを捨てて、新天地に旅立てるようになったのだ。技術は、英雄でも、学者でも、金持ちでもない、普通の人々に利用されるようになってはじめて、歴史を変える力を持つ。それならば、普通の人々が宇宙に出られるようになってこそ、本当の宇宙時代が到来したと言えるだろう。
------------------------------------------------------------
(同書、183〜184ページ)

rshibasaki at 17:30コメント(1)トラックバック(0) 

2008年04月25日

「上村第二艦隊司令長官ハ、伊集院軍令部次長ヨリノ注意ニ基キ、後来ノ作戦ニ資スルカ為メ、参謀海軍中佐佐藤鐵太郎ヲ香港丸ニ便乗セシメタリ」
(極秘明治37.8年海戦史 第2部 戦記 巻1、294頁、JACAR[アジア歴史資料センター]Ref.C05110083700)

rshibasaki at 19:22コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月24日

2007年4月24日(木)、2・3時限。

----------------------------------
1. 先週の補足
2. 仮装巡洋艦
3. 南航
----------------------------------

配布資料。
1表=ブログ「海洋戦略研究」エントリー「宇宙基本法案
1裏=太平洋戦争研究会著『日本海軍がよくわかる事典[愛蔵版]』(PHP研究所、2008年)序章「帝国海軍の盛衰とネイビースピリット」より第2項「国民の権益を守る海軍」
2表=
(1)『日本国語大辞典 第2版』(小学館、2001年)より「仮装」「仮装空母」「仮装航空母艦」「仮装巡洋艦」「巡洋艦」「特設」「義勇艦隊」の項
(2)『日本百科全書』4巻(小学館、1985年)、7巻(同、1986年)より「海軍」「軍艦」の項
2裏=『日本百科大辞典』5巻(三省堂、1911年)より「巡洋艦」の項
3表=
(1) 読売新聞1904(明治37)年12月24日号2面コラム「イロハ便」
(2) 同5面「我艦印度洋に向ふ」
(3) 同紙1905(明治38)年1月7日5面「旅順敵艦の惨状」「我南航艦隊(外務省電)」「スマトラ沖の我巡洋艦」「波艦南清に拠らん」
3裏・4表・4裏=
防衛研究所所蔵『極秘明治37.8年海戦史 第2部 戦記 巻1」292〜300頁、第5章「香港丸、日本丸ノ南洋巡視 附新高ノ南清巡視」第1節「香港丸、日本丸ノ行動」
(↑)アジア歴史資料センターを「香港丸 日本丸」で検索。

rshibasaki at 22:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月23日

2008年4月26日(木)2・3時限で、『日本海軍がよくわかる事典[愛蔵版]』を紹介する予定。4月初めに、ファミリーマート工大前店に置いてあった。価格が500円で、コンビニに来る若者向けに丁寧な紹介。

今年度の講義で話している広義の海軍に関連する記述としては、13〜16ページ「国民の権益を守る海軍」という項がある。

参照ウイキペディア: 占守型海防艦

rshibasaki at 13:18コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月17日

2007年4月17日(木)、工学部・歴史学機嵬声F本における海権論と広義の海軍」第2回において、『日本海軍の歴史がよくわかる本 (PHP文庫 く 22-1)』を紹介。

ふつうの日本海軍についての歴史叙述が、戦闘組織としての海軍に限定したものになっていることの実例として学生に示した。民間の海洋活動・海外活動をサポートする国家組織としての海軍という視点が含まれていない。講義ではそうした側面を実例を上げて指摘することになる。

rshibasaki at 19:38コメント(0)トラックバック(0) 
2007年4月17日(木)、2・3時限。

----------------------------------
1. 1997年の平間論文    (広義の海軍とは何かを示す唯一の先行研究)
2. 井上の前半生、後半生  (狭義の海軍の世界から広義の海軍の世界へ)
3. 関門海峡          (狭義の海軍と広義の海軍の接点となる地勢)
----------------------------------

配布資料。
1表=平間洋一「『陸奥海王国』の建設と海軍: 大湊興業を軸として」(政治経済史学370、1997年4・5・6月合併号)85〜86頁「二 大湊興業の創設と海軍 (一)マハンのシーパワー論」部分
1裏=同94頁「おわりに」部分
2表=
(1)ウェッブページ「明治・大正・昭和にわたる帝国海軍艦艇」より「戦艦富士」の項
(2)『陸海軍将官人事総覧<海軍編>』(外山操編、芙蓉書房出版、1981年)より「井上敏夫」の項
(3)『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』(衆議院・参議院編、大蔵省印刷局、1990年)より「井上敏夫」の項
2裏=
(1) 「水雷敷設の付属船」「富士艦の通過」(防長新聞、明治35年8月26日)
(2) 「艦船通過と海峡航路標識」(同、明治36年2月4日)
(3) 「関門海峡試航」(同、明治36年9月18日)
(4) 「各艦長等の更迭」(同、明治36年9月30日)
3表=
(1) 石川県立図書館「石川県関係人物文献検索」を「井上敏夫」でサーチした結果
(2) 『石川県百年史』(石林文吉著、石川県公民館連合会、1972年)より石川県出身海軍将官列伝のうち井上敏夫の記述(746〜747頁)
(3) 井上敏夫死亡記事(北国新聞、大正13年3月15日)
3裏=
(1) 『対支回顧録』下巻(対支功労者伝記編纂会、1936年)676〜677頁、「井上敏夫君(海軍少将)」の項
(2) 『日本交通史辞典』(吉川弘文館、2003年)より「港湾調査会」の項
4表=「大戦闘艦関門通過に就きて」(防長新聞、明治40年6月19日)
4裏=「関門水路整理策(井上海軍少将談)」(防長新聞、明治40年7月6日)

rshibasaki at 15:34コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月10日

2008年4月10日(木)、2・3時限。
配布物。
1表(A4): 下記の通り
1裏(A4): ブログ「新谷研究室」エントリー「思想史のたいせつさ
2表(A4): シラバス
2裏(A4): 2日前のエントリーで紹介した表


[1表(A4)開始]

-----------------------------
1. 科目の説明、評価方法
2. 担当者の自己紹介            
3. 講義スタイル・目標について
-----------------------------

1. 歴史を学ぶとはどういうことか
    膨大な過去になぜ問いかけようとするのか
    過去自体に意味があるのではない、現在との関係が問題
    我々の現在位置を確認するため
    大きな認識の枠組みを新たに得るため

2. 時代状況(場面)の変遷と、社会事象の意味や役割の変化
   ・海軍といっても「海上自衛隊」「昭和戦前の海軍」「明治の海軍」では
    社会における意味や役割が違う
    (cf. 警察。明治の警察と現在の警察を比較せよ)
   ・技術的な進歩により人間の活動領域・利用可能な空間が拡大する時、
    「商業的・営利的な目的での進出」と「軍事的な展開」がともにその
    新たに生じたフロンティアに到達する。その相互関係はどのようなものなのか
    (cf. 海洋と航海、大気圏と航空、宇宙と宇宙開発)

3. 人間とはなにか、社会とはなにか、国家とはなにか、近代とはなにか、などという
 問いへつながる

4. 狭義の海軍、広義の海軍

5. アルフレッド・セイヤー・マハンのシーパワー論の日本海軍による摂取と援用、
 その特徴

[1表(A4)終了]




rshibasaki at 17:50コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月08日

シラバスに書いた通りの順番と内容で講義することを再確認する。講義で取り上げる4人、井上敏夫寺島成信肝付兼行有地品之允と対比するため、伊東祐亨東郷平八郎山本権兵衛佐藤鐵太郎小笠原長生の5人を加えた表(↓)を作成した。



20080410配布資料

rshibasaki at 21:45コメント(0)トラックバック(0) 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ