ビタミンD

2007年12月09日

溝口徹医師のブログに「冬季に増悪するうつ症状」という発言がある。過去3年ほど、冬至前後の時期に、軽い抑鬱が数時間つづくことを経験した。この冬は、ビタミンDを摂ることにしたら、日照時間が次第に短くなる季節を迎えても、まったく寂寥感を感じることがなかった。高校生、大学生当時から「秋が寂しい季節」と感じていたのは単にビタミンDが足りていなかったためだったようだ。



ブログ「分子矯正医学研究所」につぎのような発言がある。
減らないビタミンD欠乏症----乳幼児と成人に多様な障害招き、慢性疾患リスクにも関与
ビタミンD摂取で死亡率が低下
ビタミンDは健常児でも不足
日光不足が発癌を促すーー高齢者と慢性疾患患者は注意を
ビタミンDで結核菌への免疫機能が増強



rshibasaki at 16:39コメント(0)トラックバック(0) 
Categories
Profile
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
「日本の伝統と文化」教科書
  • ライブドアブログ